オネストホーム_有限会社後藤建設

  •  来場予約
  •  資料請求
HOME > スタッフブログ > 社長ブログ > さとちゃんありがとう。

さとちゃんありがとう。

2022-02-08  社長

先日、父が入院した。とはいえ、本人は至って元気である。

手術をした2日後に電話をかけてきたのだから、体調も気分も随分と良かったのだろう。

私も10年前、手術をしたが2日めなどとてもそんな気分ではなかった。

そうはいっても父は、84歳で男性の平均寿命を超えているからそれなりに色々ある。

 

さて、そんなこんなで現在私の自宅と同じ敷地内にある実家(というか母屋です)では、日中は、母一人と一匹の住まいである。

一匹はらぶがいる。これも彼女の主治医に言わせると人間の年にすると90歳位らしい。今年の春は、彼女が家へ来て16年目になる。

らぶは、耳も聞こえない。時々おもらしもする。朝散歩に行くとき、動けず寝床からでられない時がたまにある。

そのくせよく吠える。散歩に連れて行けといっては吠え、餌が欲しいといっては吠え、おやつが欲しいといっては、吠え。周りに人がいないと、どこへ行った?といっては吠える。

家の中で大型犬が吠えるのは、かなりうるさく迫力がある。しかも年寄りの癖に前足を浮かせて天を仰ぐように吠える。もう全身全霊で吠えるのである。

人がいないと吠えるので、夜は、私がらぶの隣で寝ている。

 

らぶは、私の犬なのだが、仕事柄散歩が夜中になるのを見かねて、父がらぶの世話をしてくれるようになった。

実家は、種族を超えた老老介護の超高齢化世帯なのだ。

 

そんな状態なので徒歩30秒の実家に時々顔を出すことにしている。

先日の事、奥さんと二人で実家を覗きに行った時の事だった。

 

私の母は、いちいち口うるさい人なのだ。これには、子どもの頃からずっと辟易している。

今は、父がいなくて人と話すことに飢えているのか、さらによくしゃべる。

あまりによくしゃべるものだから、私は、辟易して返事をしなかった。

自宅までの帰り道私は、奥さんに責められた

「なんでお母さんが話しかけてるのに返事をしなかったの?どういう態度なの?今はお父さんがいなくて、お母さんんは、話したい事100のうちの10くらいしか話せないんだから、あんたが50くらい受け止めてあげな!」

と、かなり口汚いべらんめい調でののしられると、一瞬イラっと来る。

だが、まったくその通りだ。

私は、心が狭すぎる。幼稚すぎる。自分を恥ずかしいと思った。反省。

できた嫁である。さとちゃんありがとう。

 

では。

社長

さとちゃん

ふくちゃん

まっちゃん

なおちゃん

あみちゃん

REQUEST

こだわり情報をたくさん掲載!
オリジナル冊子を無料プレゼント!

CONTACT

土地探し・見学予約など
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

Copyright ©ONEST HOME. All Rights Reserved.