オネストホーム_有限会社後藤建設

  •  来場予約
  •  資料請求
HOME > スタッフブログ > ふくちゃん > 仕上げ材         ~サイディング編~

仕上げ材         ~サイディング編~

2021-07-21  ふくちゃん

 

 

みなさんこんにちは!

福ちゃんです!
  

今回は、前回に引き続き外壁材について

お話していきます!

ガルバリウムでも、

色々なメリットデメリットがありましたね

(詳細は前回の ~外壁・屋根編~ へ)

今回はガルバリウムよりも

今は多くのシェアを占めている

サイディングです!!

ひとくちにサイディングと言っても

窯業(ようぎょう)系

金属(きんぞく)系

樹脂(じゅし)系

木質(もくしつ)系

と、種類が豊富です。

 

サイディングを扱うメリットとしては

1、種類・デザインが豊富

2,品質が安定している

3、メンテナンスが容易

ガルバリウムと比べると、

種類が多いだけでなく、

デザインが本当に豊富なんです!

多様なカラーがあったり、

レンガ調などの豊富な柄があったり、

木質系サイディングでは

外壁に使えるように加工のされた

本当の無垢板であったり…

お家づくりをするなら、家の顔になる

外壁は色々と選べた方が本当に

自分だけのお家を作ることができますよね!
 

また、塗り壁や塗装等と違い、

施工方法が単純なため、

職人によって差が出ることは

ほぼありません!

※単純ですが、やはりサイディングの

職人さんでないと、あの重たいボードは

取り扱うことさえ素人にはできません(^-^;

また、サイディングは

薄い鉄板のガルバリウムと違い、

本体に強度もあるので凹む心配もなく、

キズが付いたとしてもタッチアップで

ほぼ目立たなくなります!

 

 

逆に、窯業系サイディングのデメリットは

1、ボードの継ぎ目から浸水の可能性

2,サイディング自体は吸水性がある

 

 

サイディングの場合、

ガルバリウムと違い

重ねるわけではなく、

継ぎ目にコーキングと言われる

シリコン系の材を埋めて防水処置をとります。

サイディングよりも

コーキングの方が少し劣化が早く、

最初は弾性があるのですが、

劣化して硬化すると割れて

そこから雨漏りをする可能性があるのです。

また、サイディングには焼き付け等で

処理がされています。

しかし、キズがついたりしてそこから

浸水し、寒い時期にその中の水が

凍って膨張すると外壁材の内側から

傷んでしまいます。

この現象は凍害といって、

寒い地域に起きやすいのですが、

関係なくどこでも起こりうる現象です。

材料によってメリットや

もちろんデメリットもありますが、

そこも理解した上でメンテナンスにも

気を付けていきたいですね!

 

ちなみに、ONEST HOMEでも

木質系のサイディングも扱うのですが、

少し余りがあったのでその材料を使って

プランターを作ってみました!

会社にお越しになった時には是非

見てみてくださいね!

かっこよく、かわいらしい仕上がりになっています(*^^*)

 

 

次回は、石材や塗り等そのほかの外壁材や

ひさし等の仕上げ材について

お話していきます!

 

 

 

岐阜の注文住宅・家づくりはONEST HOME

 

 

 

 

 

 

 

社長

さとちゃん

ふくちゃん

まっちゃん

なおちゃん

REQUEST

こだわり情報をたくさん掲載!
オリジナル冊子を無料プレゼント!

CONTACT

土地探し・見学予約など
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

Copyright ©ONEST HOME. All Rights Reserved.