オネストホーム_有限会社後藤建設

  •  来場予約
  •  資料請求
HOME > スタッフブログ > ふくちゃん > 下地材          ~ボード・パネル編~

下地材          ~ボード・パネル編~

2021-06-12  ふくちゃん

みなさんこんにちは!

福ちゃんです!

今日は、住宅で使われるボードについて

お話をしていきます!

 

まず、一番よく使うのは石膏ボードですね。

 

この石膏ボードはクロスを貼るための下地

であったり、漆喰等の下地だったり、

基本的には壁になるボードです!

そしてこの石膏ボード、

使い方ですごく利点が多いんです。

その1

防火・耐火性に優れていて

外壁や屋根に貼ることで

耐火構造になり、家事が起きても

木材に燃え移りにくいので

すぐに倒壊することを防ぐことができます!

その2

遮音・防音性に優れていて

屋根に貼ると雨音の防止

2階床に貼ると足音も軽減されます。

その3

断熱性もあり、

冬は室温が外に逃げるの防止し、

夏は外の熱気の侵入を防ぎ、

冷暖房の効率の向上にもつながります!

その4

施工がしやすい!!

切断、釘打ち等もしやすく、

特殊な道具も必要ありません。

やりようによってはカッター1つで

加工もできちゃいます。

仕上げにも、塗装・壁紙・クロス貼り

と色々できます。

その5

変形しづらいです。

木材の様に温度や湿度による変形がある

わけではないので、

施工精度にもつながります。

これだけ利点もあり、

通常、木造住宅では

基本的に壁や天井のボードには

石膏ボードが使われています!

石膏ボードにも用途に合わせた

種類があり、防水のものや、

構造用の耐力面材にも

つかわれることもあります。

構造用の面材と言えば、

ONEST HOMEでは、

耐震等級の中では最大の、

耐震等級3相当の構造をしていますので、

外壁に関しては全面

耐力面材を貼っています!

 

 

通常、木造と言えば筋交いといって

柱の間に斜めに木材をいれている

イメージが強いかと思いますが、

面材を柱にがっちり固定する事で

圧倒的な強度を保つことができます!

耐力面材でも種類がありますが、

外壁の仕様がサイディングか鈑金か

塗りか石材か、と種類があるので

それに合わせて使い分けもしていきます。

 

1軒だけでも、用途に応じて

大きさ、厚み、種類、性能等で

10種類以上使い分けます。

 

 

石膏ボードでも、12㎜だったり、9㎜だったり

1.8m程のボードだったり3mのボードだったり

耐力壁も、内部用の面材

外部用の面材、蟻害に強い面材

断熱用の板や床板の前にはる

構造合板、屋根に貼るベニヤや、

下地で使うベニヤ

水周りは耐水ベニヤを使ったりと

多くの種類を用途に分けて

使い分けしています!

以上!今日は木造住宅で使う

面材のお話でした!

ただの板材だけでも、

語りつくせないほどありますね…

次回は、外壁の下地について

お話していきます!

岐阜の注文住宅・家づくりはONESTHOME

 

 

社長

さとちゃん

ふくちゃん

まっちゃん

なおちゃん

あみちゃん

REQUEST

こだわり情報をたくさん掲載!
オリジナル冊子を無料プレゼント!

CONTACT

土地探し・見学予約など
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

Copyright ©ONEST HOME. All Rights Reserved.