オネストホーム_有限会社後藤建設

  •  来場予約
  •  資料請求
HOME > 住宅ローンの保証料を75万円下げた理由

住宅ローンの保証料を75万円下げた理由

2020-04-09

住宅を建てる時、ほとんどの方は、住宅ローンを使います。

昔は、頭金2割と言われましたが、全額借入も今では普通です。

 

弊社のお客様で、土地と建物の住宅ローンの保証料が150万円になった方がいらっしゃいました。

銀行の作ってくる資金計画書に違和感を覚え、あまりにも保証料が高いのではないかと思いました。

 

お客様に、銀行との交渉をするように勧めました。

その結果、150万円の保証料が75万円になったのです。

なんと半分です。

 

保証料は、自己資金のバランスも大きな要素なのです。なので、全額融資をしなくてもいける環境ならしない方がいいのです。

それによって、銀行の信頼度が全く違ってきます。

そして、保証金も変わります。

このお客様は、当初の借り入れは40000万円でした。保証金は、150万円をオーバーしていました。

それが、3500万円の借り入れ、手持ち資金を500万円賄う事で、保証金を75万円にすることができたのです。

つまり、もし4000万円借りたとして、3500万円と自己資金500万円にしたときの比較は、正味の借入金の差額は、425万円になっていたという事になります。

つまり、500万円多く借り入れたつもりでも実際は、425万円だったてことです。

 

これによって、お客様は75万円も得されたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


REQUEST

こだわり情報をたくさん掲載!
オリジナル冊子を無料プレゼント!

CONTACT

土地探し・見学予約など
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください!

Copyright ©ONEST HOME. All Rights Reserved.