オネストホーム

HOME > 机上と現場

机上と現場

2019-04-26

どうも!福田です!

 

最近日中は熱くなってきましたね!

 

僕はここ最近は次の現場の業者さんの段取りや打合せ等で

 

ザ・肉体労働 というのはあまりありません。

 

現場に出て行って水道屋さんや基礎屋さんと

 

打合せに行くとみんな汗水たらして頑張っていただいています!

 

僕のお仕事と言えば、現場の管理・監督です。

 

そのために、業者さんに

この日付に現場で作業してくださいね。

この日はほかの業者さんが入られるので避けてくださいね。

これは捨てる場所が決まっているのでこちらに捨ててください!

この部屋のこの部分はこうしたいのでどうやったら収まりますか?

等々協力業者さんに指示や収まりを聞いたりきめたり

 

そんな感じです!

 

この中で難しいのは、図面では書けても

 

実際にやってみると収まらなかったり、

施工方法に手間がかかったり、

実際に作業をしようとすると関係ないと思っていた部分が

関わってくることです。

 

今日現場では、水道屋さんの上下水道の配管と

外構屋さんのブロック積みの作業がその場所上

できるのかどうかという問題がでてきました。

 

水道屋さんの配管がどれぐらいのところを通るのかと

 

外構屋さんの作業スペースはどれぐらい必要になってくるのか

(重機が入ることができるのか)

(深さ関係は問題ないのか)

 

などの確認をして特に問題はないことが発覚して一安心

 

それが終わり、依頼が来ていたK様の造作物作りをはじめました。

 

サイズも小さく、見た目単純で簡単なものかと思っていたら

 

実際やってみると

 

直角をだしたり段差ができないように注意したりと一苦労

 

松岡さんに教えてもらいながらで何とかきれいに仕上がりました!

 

 

現場が進んで、これはまずいのではないか?と

思ったことが実は確認してみると問題なかったり、

 

これぐらいのものなら簡単だろうと思ったものが

実は正確にやろうとすると案外できなかったり…

 

図面上、問題がありそうでも

想像上単純なものでも

その物事を実際にやる人じゃないとなかなかわからなくて

 

今日はすごく今後の糧になる一日だったのかなと

思い返してみる福田でした。

 

では皆さん!良いGWを!

 

 

 


Copyright©2018 ONEST HOME. All Rights Reserved.