オネストホーム

HOME > アジアンテイスト、ブルックリンスタイル、カリフォルニアスタイル、ナチュラルスタイル、ガレージハウス?

アジアンテイスト、ブルックリンスタイル、カリフォルニアスタイル、ナチュラルスタイル、ガレージハウス?

2018-02-27

弊社もデザイナーズ住宅をやっているので、よく「ブルックリンスタイルで」とか「カリフォルニア風がいいわ」とか言われます。

しかし、そういったヒアリングをしてデザイン画やパースなどを出させていただくと、「こんな感じじゃない」という事になることがあります。

「じゃあお気に入りの写真を見せて頂いてもいいですか」

ということになり、見せて頂くと『なんだノルディックスタイルじゃないの』ということがよくあります。

 

どこからどこまでが、〇〇スタイルとは、決まってはいないのですが、お客様は画像のタイトルでそう思っているのかわかりませんが、一般的な基準と違うという事がけっこうあります。

 

また、テイストを聞くとアジアンテイスト、ブルックリンスタイル、カリフォルニアスタイル、ナチュラルスタイルという言葉を使われることが多いのですが、「なんかちがう・・・」ということもあります。

そういう時は、お客様の幼少期の話を聞くことがあります。

「小さい頃住んでいたのは、古い大きな家で・・・」

と、実家の話をして頂いたりします。

 

ので、私は、デザインを屋根を大きく1枚屋根にして、軒の出を長く大きな家に見えるようにして・・・・と変えていくと

「そう!これ!こんな感じ!後藤さんスゴーイ!」

とお客様は、そう言われることもあります。

 

家の雰囲気というのは、その人の原風景に影響を受けることが多いのです。

 

そういったことも家づくりのヒアリングには必要になります。

 

こうした話し合いがゆっくりとできるのは、お客様が相見積もりではなく、ONEST HOMEで家を建てたいとおっしゃっていただけるからです。

当社のお客様は、金額だけで、人を選ぶのではなく、予算はこれくらいですと言って頂けるので、予算にあった提案ができます。

 

家づくりに失敗する方は、お金で人を選ぼうとされるからです。そこに例外はありません。

 

また、ご相談してくださいね。

 

 

 


Copyright©2018 ONEST HOME. All Rights Reserved.