岐阜で自然素材の家を建てる工務店 - ONEST HOME【後藤建設】 > ブログ > 社長ブログ > あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

2016-01-06

うちも、今日から仕事はじめです。

昨年も大変いい年でしたが、今年はもっといいとしになるようにがんばりましょう。

今年は、新年から新しい仲間がふえました。

ゆいちゃんです。

29歳女性です。美人です。

まあ、かわいいっす!!

興味がある方は、会社に来てくださいネ。

 

さて、昨年は、歳男でした。

今年は、どんな年になるでしょうか。

面白いネタをWEBで見つけました。

EUの頭脳と言われるジャック・アタリ氏の話です。

 

彼は、ソ連の崩壊、金融バブル、テロの脅威を予測した人です。

今後数十年の世界情勢を予測しています。

人口が2050年95億人になること。

人類全体の高齢化。

現在が、20世紀初頭と酷似していること、つまり第一次世界大戦前夜の世界状況と似ているのです。

そして、世界が今後5段階のステージを経験していくだろうということ。

第一段階は、アメリカのパワーが衰退していく局面。

第二段階は、力を持つ10~20の国で世界秩序を作ろうとする動き。

第三段階は、国家の枠を超えて市場の力をリードする局面

第四段階は、大きな混乱や紛争が起きる局面

第五段階は、世界が調和し、超民主主義が登場する局面

そして、最後にアタリ氏は、日本人が持つ利他主義の精神が新しい世界秩序をリードするとしています。

日本人が実際に世界秩序をリードできるかどうかは別として、多くの世界的な科学者が口にするのは、精神性であったり、宗教的なことであったりということです。

日本には、物理学や化学の世界でノーベル賞をとってきた科学者が多くいますが、その方たちも、宇宙の意志や神の意志などを

口にします。

超理論的な思考を持つ科学者の言葉が結局、精神的であったり、形而学上の言葉であったり、宗教的な言葉であるのは、大変面白いことだとおもいます。

私の尊敬する稲盛一夫は、考え方が大事だといいます。経営においては、それが重要であると。

しかし、多くの経営者は、ノウハウなどに走り、そういったことが理解できていないといいます。

 

当社も想いや考え方を大切にして会社を運営していきたいと思います。

売上げ規模も従業員も増えてきました。

今までには、経験をなしえなかった混乱や困難もあるでしょう。

そうした時に何に基軸を置いて行動するかが大変大切になり、結果を左右するでしょう。

今年もまた、大変な1年になりそうですが、がんばります。

応援、ご協力お願い致します。

 

 

 

 

 

 


イベント情報

資料請求

お問合せ