岐阜で自然素材の家を建てる工務店 - ONEST HOME【後藤建設】 > ブログ > 社長ブログ > 土地探しって難しい?

土地探しって難しい?

2015-06-15

いつもお世話になります。

先日、お客さまからお電話を頂きました。

久しぶりだったのでちょっとうれしかったり、どうしたんだろう?と思ったり。

「気になる土地があるんだけど、後藤さんに診てもらいたいんですけど・・・」

ということで、早速お客さまのお土地を見に行きました。

前に、4階建てのビルが建っていて日当たりが悪いこと。隣がカラオケ喫茶な事。いくつかの悪い条件があったせいもありますが、周辺の土地と比較するとかなりお得。

中古物件が建っていましたが、撤去して更地渡しということでした。悪くはない。

しかし、ちょっと嫌な予感がしました。

早速その不動産屋さんに現地から電話をかけました。

『やっぱり・・・』

すでに、売れていました。

お客さまにお話するとちょっとがっかりされていました。

実は、こういうことは、私は1度や2度では、ありません。

何度もあります。

いい土地は、多くの方が探しているため、迷っていては、他の人に取られていまいます。

何千万という高額な買い物なのに迷うことが許されない。

なんと不条理な買い物なんでしょう。

でも、現実にそうなんです。

私の経験から言うと、3件~4件くらいの中から選べないとだいたい決まりません。

 

なんでかなあというと、基本土地は、あるものから探さなくてはならないということ。

もっと、まったらいい土地がと思うと決められないのです。

本当に、いい土地が出てきたらじゃあその人は、買うかというと買わないんです。まだ、いい土地がと思って決断できないんです。

なので、多くのお客様は、2.3回他人に先をこされたという思いをされるので、迷っていてはだめなんだと気づきズコッと決めていきます。

それでも、決断できない人は、結局は、家を買えません。

決められない人になっていませんか?

 

また、土地にはいろいろな条件があります。

価格、広さ、地域、接道、形、環境、日当たりなどなど。

決められない一つは、希望と現実が合わないということが、あります。

例えば、普通に1500万円くらいする地域で、1000万円くらいで探すということです。

それは、無理です。

 

言われてみれば、当たり前なのですが、実は、これが一番多いです。

 

例えば、スーパーやコンビニがあって駅から近くて静かな所という希望ですとか。

スーパーやコンビニがあって駅から近ければ、たいてい繁華街とか街中とかですよね。うるさいです。

こういう非現実的な希望になっている場合が多いのですが、お客様は、なかなか気づかない。

 

あと、一つは、漠然とした不安です。

この土地でいいのかなあという不安ですよね。

これは、環境による要因も大きいんですよね。

 

なので、土地を決めるには、

買うときめること。

迷わないこと。

不安を解消することです。

そうは言ってもねえということだと思うのですが、

これを全部うちのセミナーでは、解決していますよ。

もし、よかったら参加して下さい。無料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イベント情報

資料請求

お問合せ