岐阜で自然素材の家を建てる工務店 - ONEST HOME【後藤建設】 > ブログ > スタッフブログ > あっち側とこっち側

あっち側とこっち側

2016-11-23

随分とご無沙汰のhorieです(;´∀`)

最近、自宅の向かいの田んぼが宅地に造成され、先月から新築工事に向けて

地盤改良が始まり、基礎工事に突入しています。

 

私たちも建築が始まる時は、近隣の方々にご挨拶に伺います。

当然、自宅の隣で工事が始まるので建築する工務店さんが挨拶にきました。

 

工事時間は、朝8:00~夜7:00まで。

ちょっと長くない?と思いながらも、気持ちはわかるので仕方がない(´・ω・`)

 

でもね、私のウチ近辺が小学生の登校班の集合場所。

いつも集合するのは、朝の7:30。

着工の日に大きな重機が、小学生の集合場所に何台も入ってきて、運転手さんが

とても険しい顔で小学生をにらんでる…(・_・;)

 

あっち側の立場になると、とても腹立たしい出来事でした。

だって、危ないでしょ。狭い道路に小学生の集団がいて、邪魔扱いするのってどう?

 

大体、工事が始まるのって、8:00って言ってたじゃん!フライングだ!

朝早すぎる!って思ったら、今度は夜11:00になにやら大きな音が・・・!

翌日の準備のための、材料の搬入してるじゃないΣ(゚Д゚)

 

何時だと思ってるの!…と、こんな感じであっち側の立場になると迷惑に感じてしまう。

 

こっち側の立場で見るとね、朝早く仕事が始まることも、翌日の仕事の効率を考えたら

夜遅くても材料を搬入することも、分からないことはない(・_・;)

 

我が家の前面道路が、泥まみれでそのまま放置して、乾いたら砂埃が舞って車が白くなる。

これは嫌だ(ーー゛)

あっち側で嫌な思いをしてるから、こっち側では絶対にしてはダメだと思った。

 

現場の人に、おはようございます!こんにちは!と、挨拶しても今のところ無反応(・.・;)

これもあっち側の立場になると嫌だと思った。

 

「人の振り見て我が振り直せ」

あっち側とこっち側。

 

自分に言い聞かせながら、気持ちのいい現場づくりをしていきたいと思うのでした(^^)/

 

スタッフ:horieでした(●´ω`●)

 

 

 

 


イベント情報

資料請求

お問合せ